ぶらりぷらり

トイプードルのまること趣味の記録です。

アネハヅル・2004.1.3

心に残った鳥です。

(終了されたYahoo!ブログからの改定版)

今から18年前の2004.1.3

九州の鹿児島県出水市で見たアネハヅル1羽です。(写真中央)

f:id:buraripurari:20220106170406j:plain

日本では主にナベヅル(上の写真の左)やマナヅル(下の写真)が

f:id:buraripurari:20220106170452j:plain

越冬のため出水市の保護区(ラムサール条約湿地)に飛来しますが、

アネハヅルは迷鳥として日本に来る珍しい鶴です。

2004年に出会ったのですが、驚きでした。それで、

以後アネハヅルのことが、関心ごとの一つになりました。

アネハヅルは主にモンゴル周辺に生息し、冬に越冬のためインドに渡る

渡り鳥です。

その渡りのコースに、高さ8000メートルもあるヒマラヤ山脈

あります。NHKのテレビでも放映されていましたが、

上昇気流に乗ってヒマラヤ越えをするシーンに、

羽がボロボロになり失敗しながらも、集団で何度もチャレンジする姿に、

ジーンときました。

そのヒマラヤ越えを最初に発見したのは、日本の登山隊だそうです。

それまでは、ヒマラヤ迂回ルートで行き来しているのではないか?

と思われていたそうですが、ヒマラヤの上空を飛ぶ鶴を

登山隊が発見したのです。

この鳥のどこに、酸素の希薄な8000メートル上空を

飛び越えるエネルギーがあるのかと思いました。

2004年に出会ってから

以後15年以上もアネハヅルは日本に来ませんでした。

下の写真は、2009年にシンガポールのバードパークに行った時に撮った

飼育されているアネハヅルの写真です。

f:id:buraripurari:20220106174355j:plain

こんなに綺麗だったのか、と思いました。

 

またいつか出会えたらと思いました。

 

www.buraripurari.com

www.buraripurari.com

www.buraripurari.com

www.buraripurari.com

www.buraripurari.com