ぶらりぷらり

トイプードルのまること趣味の記録です。

毛馬のノゴマ

曇天でも朱のエプロンが鮮やか!

3月29日(火)

鳥たちもさえずり、あちこちの桜も満開ですっかり春めいてきました。

淀川のノゴマ♂も今日はよく囀っていました。

夏鳥ノゴマですが、なぜかこの時期に居ついていて、越冬したのではないか?

越冬ノゴマでは?との声もあるようです。仮に越冬ノゴマだとすると、

それだけの食べ物がここにあったということだと思います。

ノゴマは何を食べて冬を越したのか?

鳥類図鑑では、昆虫、クモ類、ミミズなどを採食すると書かれています。

 

今日

15分ぐらい姿を見せてくれましたが、

またもや木々の中、枝かぶりの中でしか見れませんでした。

本来のノゴマは、見晴らしの良い木の枝のてっぺんに止まり、

さえずるイメージがあリますが、まだ気温が上がっていないからでしょうか?

すぐに藪の中に隠れてしまいます。

 

こちらはベニマシコです。

ヤナギの芽を食べていました。

 

そして、オオジュリンです。

頭が黒くなりかけた個体を見ました。

十三では見ましたが、ここでは初めてです。

今日は曇天でしたが、風がなかったので短い時間でも
ありがたいことに、
鳥がよく出てくれました。

明日はお天気のようで、鳥見が楽しみです。

 

www.buraripurari.com

 

www.buraripurari.com

 

www.buraripurari.com

 

www.buraripurari.com