ぶらりぷらり

トイプードルのまること趣味の記録です。

大阪の鶴見緑地の水鳥たち④

潜水が得意のキンクロハジロ目が金色です。

オスメスとも逆立ち姿勢からボコッと水中へ潜っては、

ボコボコと波を立て水面へ上がってきます。

雑食性で、ここ鶴見では、食パンまで食べます。

潜水して泳ぎやすいように足が体の後ろの方についていて、

浮いているときは、お尻が下がっています。

オスは、冠羽があり体全体が黒でお腹が白いです。

f:id:buraripurari:20211228171758j:plain

メスは、体全体が黒くお腹が灰色です。冠羽は短くボサボサした感じです。

f:id:buraripurari:20211228180421j:plain

今日もよく潜っていました。

続いてマガモです。鶴見緑地のアーモンドの森の横を流れるせせらぎで、

ぽっつんとオスメス二羽で寄り添っていたり、

大池でもオスメス二羽で仲良く泳いでいたりしました。

 

f:id:buraripurari:20211228175252j:plain

もうつがいになっているようでした。

f:id:buraripurari:20211228180151j:plain

識別は、オスの頭が緑で、首の付け根に白い首輪があります。

メスはカルガモによく似ていますが、クチバシの周りも柿色っぽいです。

カルガモはクチバシの先だけが黄色です。)

f:id:buraripurari:20211228180222j:plain

淡水ガモです。パンをもらいには来ていませんでした。

 

最後に、ホシハジロです。オスの目が赤色です。

潜水ガモで逆立ちになり潜ります。

f:id:buraripurari:20211228175957j:plain

f:id:buraripurari:20211228180027j:plain

以上で鶴見緑地の冬鳥の紹介を終わります。

 

留鳥の水鳥としては、アオサギコサギオオバン、カワウなどがいました。

と言うことで、鶴見緑地は、

たくさんの鳥たちの楽園になっていました。

 

久々に、まること今日は淀川散歩に行きました。

f:id:buraripurari:20211228181203j:plain

バードウォチングもしようと思いましたが、

ぐいぐいとリードを引っ張りできませんでした・・・・・。

まるこは全然興味ないようです。当たり前ですよね(笑)

 

www.buraripurari.com

 

www.buraripurari.com

 

www.buraripurari.com